韓方婦人科は女性の生理的特徵と結び付いて生じる月經病,性器病,妊娠病及び産後病を韓医学特有の方法で治療している。
主な疾患には生理痛,月經前緊張症,子宮筋腫,卵巢囊腫,帶下症,更年期障害,不妊症などがある。
産後のケア,腰痛及び關節痛のような女性によく見られる疾患も對象としている.
特に月經病,女性性器病と關連した 生理痛,月經不順,更年期障害,冷·帶下,女性腫瘍疾患に對する專門的診療が實施さ れてる。
 
更年期クリニック 更年期に樣 な異常をもたらす原因を調整する漢方藥,鍼,灸療法を同時に活用することにより,ホルモン劑を使わずに,この時期に生じる諸般症狀を治療し,改善している。
不妊クリニック 韓医学では不妊治療の方法を種子術,救嗣法,または詞育之道といい,多樣な治療方法を提示している。
不妊症は食事習慣,內分泌關係等を總合的に調整し,健康狀態を向上させる全身療法が重視される。
産後補養クリニック 産後補養クリニックは妊娠と出産の過程で生じた瘀血を和らげ,産母の氣血を補い,女性の一生の健康を左右する出産後の健康を管理するクリニックである。