韓方小兒科は小兒の特性に對する硏究と韓医学的な方法を通して,樣な疾患に對 する治療と豫防を目的としている。
このような韓医学的な養生法は胎兒期から靑年期に 至るまで,健康な肉体的·精神的發展に必要である。
 
痙攣クリニック 新生兒痙攣,熱性痙攣,小兒テタニ-,癎疾,癎疾類似疾患,その他の痙攣性疾患の診斷及び治療を擔っている。
學生健康クリニック 小·中·高校の学生の疲勞,虛弱,集中力低下などの学業能力に障害をもたらす身体的症狀の改善を通して,十分な能力が發揮できるように治療及び管理をする。
喘息·鼻炎,胎熱
クリニック
小兒のアレルギ-性疾患に對する臨床的硏究を施すことによって疾患の原因を明らかにし,治療に利用する。