韓方眼·耳鼻咽喉·皮膚科は外官科ともいい,体の外側に現れる感覺器,卽ち,目,耳,鼻,口腔,咽喉等の五官と,皮膚の生理·病理メカニズム及び辨證施治を硏究し,これと關連する疾患を扱う科である。
眼·耳鼻咽喉·皮膚が體の內側の狀態を反映するという韓医学の觀點に基づいて,黃帝內經以降の陰陽五行と經絡理論を受け入れて,直接的な手術はできる限り避けて,漢方藥物と鍼灸,そしてその他の多樣な韓方的治療方法を通して体のバランスを保つことに焦點を當てている。
 
斜視クリニック 鍼術療法と漢方藥物療法で,眼球周圍の筋肉の調節機能を回復させ,視力の回復と左右眼の視軸が同一點を向くようにする。
耳鳴·難聽クリニック 臟腑の虛實と五臟六腑の異常を確認した後,漢方藥物療法と鍼灸療法及び耳針療法で臟腑の陰陽狀態を整えて,耳鳴·難聽の治療は勿論,難聽の進行を最大限に押さえている。
アレルギ-性鼻炎
クリニック
整体療法を用い,アレルギ-鼻炎を治療する。
整体療法とは,鼻に限って治療するものではなく,患者の体の全般的な狀態を重視し,他の合倂症と共に治療するものである。
皮膚搔痒クリニック 搔痒感とは皮膚科の中で最もありふれた症狀で皮膚を搔いたり,擦ったりする衝動を起こす獨特の不快な感覺である。
搔痒症は樣な疾患によって誘發され,治療においては原因疾患によって方法が異なってくる。