韓方リハビリテ-ション科は体の構成のうち,筋骨格系である脊椎關節から見られる痛症疾患と運動神經,感覺神經の障害として現れる麻痺疾患,肥滿及び難治性疾患を扱う自然療法などを專門分野とし,その分野ごとに專門的に診斷·評價·治療及び豫後の管理ができることを目的としている。
また,全身的·生理的バランスの調整方法として,各種スポ-ツ障害疾患の韓医学的診斷及び治療に參加するチ-ムの指導者としてなえるべきの資質と能力を訓練し,食餌療法を通した自家免疫疾患の治療技術の敎育及び硏究を行なっている。
また,この際は臨床的治療方法である漢方藥物療法,マッサ-ジ,吸い玉療法,導引療法,光線療法,低周波通電療法,水治療法,リハビリ器具療法,食事療法等を使用する 。
 
麻痺リハビリ
クリニック
体の陰陽氣血が不足しないように補い,虛弱な狀態から生じやす い疾病の發生を前もって豫防し,体の中の自然治癒力と生命力を 高めて健康を增進し,疾病後の回復のための多樣な方法を實施している。
肥滿クリニック 繼續的な飮酒は肝臟に直接の障害を起こす原因になるため,このよう な患者の相談を受け,耳鍼治療及び漢方薬物治療を通して禁酒できる ようにしている。
關節疼痛クリニック 關節痛症を起こす樣 な疾患に對する正確な原因を把握し,これに對する多樣な漢方藥物療法,鍼灸療法,理学療法,運動療法を利 用して,關節に現れる痛症及び障害に對する解決方法を提示している。
椎拿脊椎クリニック 椎拿療法とは韓医学の外科的治療法の1つで,体の軟部組織及び骨格の機能とメカニズムの矛盾を無くすための治療法であり,保存的治療と竝行させることによって治療期間を短くし,再發を防ぐ效果がある。