診斷生機能医学室は韓医学が情報化時代にふさわしい世界的な医学として發展し,現代化していくために樣な生体機能檢査法を取り入れて,持續的かつ体系的な硏究を深く進めている。
まず,韓医学的脈診理論に基づいた脈診器を開發して臨床分野で活用し,次に心臟と血管の機能狀態を把握する脈波檢査と腦血流(TCD)檢査,体表溫度を計るサ-モグラフィ-檢査,自律神經の反應狀態を把握する生体皮膚電氣反應檢査を應用し,現代化された診療を行なっている。
また,多樣な檢査を通して体の機能狀態を分析し,これを韓医学的に診斷,評價し,健康を管理する生機能医学分野を擔當している。>
また,自律神經失調症の診療と健康增進を韓医学的に接近させ,より發展した世界的な医学になるように東西医学の倂用療法で,成長ホルモン - 自律神經クリニックを營んでいる。